鉄筋コンクリートの劣化
工法種類と適用範囲
電気防食工法
電気防食工法の種類と特徴
脱塩工法
再アルカリ化工法

●鋼材の腐食反応
塩害や中性化によって不動態皮膜が破壊された箇所では鋼材(鉄)がイオン化するアノード反応、健全な箇所で酸素が還元されるカソード反応が起こります。アノード部でイオン化した鉄は錆へと変化します。
NEXT