鉄筋コンクリートの劣化
工法種類と適用範囲
電気防食工法
電気防食工法の種類と特徴
脱塩工法
再アルカリ化工法

●アルカリ性電解質溶液の浸透
仮設陽極のアルカリ性溶液がコンクリート中に電気浸透し、中性化領域のアルカリ性が回復します。なお、鋼材(陰極)付近では水酸化イオン(OH)が発生し、pH値が上昇するという副次的効果もあります。
back
NEXT