電気防食工法
チタンメッシュ陽極方式
パネル陽極方式
導電性塗料方式ソロCPアノード30
導電性塗料方式キャプロンコート
チタン溶射方式
導電性モルタル方式
チタンリボンメッシュ方式
チタングリッド方式
PI-Slit方式
チタントレイ方式
ニッケル被覆炭素繊維方式
チタンロッド方式
亜鉛シート方式
亜鉛・アルミ擬合金溶射方式
アラパネル方式
脱塩工法
ファイバー方式
パネル方式
ポンディング方式
再アルカリ化工法
ファイバー方式
パネル方式

コンクリート表面に1次陽極として白金・ニオブ被覆銅線(径0.8mm)をプラスチック釘を用いて固定し、導電性塗料を0.5mm厚さに吹付け施工またはローラーにて塗布し2次陽極を形成する。1次陽極を外部電源に接続し、2次陽極を介在して防食電流を供給します。施工部位を選ばず、施工が簡便で長期寿命が期待できます。
工法写真