電気防食工法
チタンメッシュ陽極方式
パネル陽極方式
導電性塗料方式ソロCPアノード30
導電性塗料方式キャプロンコート
チタン溶射方式
導電性モルタル方式
チタンリボンメッシュ方式
チタングリッド方式
PI-Slit方式
チタントレイ方式
ニッケル被覆炭素繊維方式
チタンロッド方式
亜鉛シート方式
亜鉛・アルミ擬合金溶射方式
アラパネル方式
脱塩工法
ファイバー方式
パネル方式
ポンディング方式
再アルカリ化工法
ファイバー方式
パネル方式

チタン線材を専用のアーク溶射機を用いてコンクリート表面に付着させ、電源装置の(+)側にチタン溶射被膜、(−)側に鉄筋をつなぎ、所定の電流を流します。膜厚は0.1mm程度なので構造物の負担が少なく、長寿命が期待できます。美観を重視する場合は上塗り塗装が必要になります。
工法写真