電気防食工法
チタンメッシュ陽極方式
パネル陽極方式
導電性塗料方式ソロCPアノード30
導電性塗料方式キャプロンコート
チタン溶射方式
導電性モルタル方式
チタンリボンメッシュ方式
チタングリッド方式
PI-Slit方式
チタントレイ方式
ニッケル被覆炭素繊維方式
チタンロッド方式
亜鉛シート方式
亜鉛・アルミ擬合金溶射方式
アラパネル方式
脱塩工法
ファイバー方式
パネル方式
ポンディング方式
再アルカリ化工法
ファイバー方式
パネル方式

コンクリートと溶射被膜の密着性を良好とするために粗面形成材を塗付します。亜鉛・アルミニウム擬合金溶射被膜は封孔処理を行うと良好な外観と長期耐久性が得られます。溶射被膜と鉄筋との間に回路を形成し、溶射被膜の犠牲陽極作用により鉄筋を防食します。亜鉛・アルミ擬合金溶射方式は複雑な形状の構造物に適用でき、維持管理も容易です。
工法写真