電気防食工法
チタンメッシュ陽極方式
パネル陽極方式
導電性塗料方式ソロCPアノード30
導電性塗料方式キャプロンコート
チタン溶射方式
導電性モルタル方式
チタンリボンメッシュ方式
チタングリッド方式
PI-Slit方式
チタントレイ方式
ニッケル被覆炭素繊維方式
チタンロッド方式
亜鉛シート方式
亜鉛・アルミ擬合金溶射方式
アラパネル方式
脱塩工法
ファイバー方式
パネル方式
ポンディング方式
再アルカリ化工法
ファイバー方式
パネル方式

チタンメッシュ陽極をコンクリート面から10〜30mm程度空けて固定し、電解質溶液を含浸させたセルロースファイバーを吹付けます。直流電源装置の(+)極をチタンメッシュ陽極に、(−)極を鉄筋に接続し1A/m2の電流密度で56日間通電します。コンクリートの表面形状が複雑な場合に適用します。
工法写真